HOME > 日本成人矯正歯科学会第16回学会セミナー

日本歯科医師会生涯研修事業認定

特定非営利活動法人 日本成人矯正歯科学会 第17 回 学会セミナ−

 

 

「睡眠時無呼吸症候群の最新情報を探る」

矯正治療に求められる治療は形態的な改善ばかりではなく、機能的な改善についても要求されている。近年、生活習慣病から発症すると考えられていた睡眠時無呼吸症候群(SAS)が矯正治療によっても症状が左右されることが懸念されている。矯正治療が気道の閉塞をきたし呼吸に対する機能を損なう結果になっていないか。矯正治療単独に固執するあまり骨格的な不調和を放置した結果、睡眠時無呼吸の誘因となっていないか。・・・
 今回は、この睡眠時無呼吸症候群の治療に造詣の深い3名の先生方にご講演をいただき、明日からの矯正治療の質向上に繋げられればと思います。

申込書ダウンロードはこちら(pdfファイル)


日時:2013年11月28日(木)
会 場:日本歯科大学生命歯学部本館 131 講堂(東京都千代田区富士見1-9-20)


外木守雄



日本大学 歯学部口腔外科学講座

睡眠呼吸症障害の最新の知見 —呼吸安定性に関連する舌の問題—

略 歴
日本大学 特任教授、歯学部口腔外科学講座 
1983年 東京歯科大学 卒業 
1987年 同大大学院歯学研究科口腔外科学専攻修了、歯学博士
2002年 米国Stanford大学医学部 機能再建外科学教室 睡眠外科学専攻客員研究員
2007年 東京歯科大学オーラルメディシン講座 准教授
2012年 日本大学 特任教授

 

原 節宏 (はら せつひろ)



日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授
顎関節症診療センター長

睡眠時ブラキシズムと顎関節症 −偽陽性ブラキサーのとらえ方・接し方−

略歴:
1986年 日本歯科大学歯学部 卒業
1990年 日本歯科大学大学院 修了(臨床系補綴学専攻)
1990年 日本歯科大学歯学部 歯科補綴学教室第2講座助手
2001年 日本歯科大学歯学部 講師 附属病院総合診療科 医長
2002年 11月〜2004年6月(海外留学)デンマーク王立オーフス大学歯学部臨床口腔生理学教室 客員講師
2005年 日本歯科大学歯学部 准教授 
附属病院総合診療科 顎関節症診療センター センター長  
現在に至る



三ッ林 裕巳



日本歯科大学附属病院 内科 

睡眠時無呼吸症候群の最新情報を探る 
                
略歴
1982年 日本大学医学部卒業

Copyright ©2010 Japan Association of Adult Orthodontics All rights reserved.